紀要論文 女子が性表現の消費者になることの意味 : 「第7回青少年の性行動全国調査」データから
Characteristic Traits of Young Female Consumers of Pornography in Japan

守, 如子

49 ( 1 )  , pp.137 - 158 , 2017-10-31 , 関西大学社会学部
ISSN:02876817
NII書誌ID(NCID):AN00046982
内容記述
There are two significant genres of pornographic manga for young female readers in contemporary Japan. One is called “Teens’ Love” (or “Ladies’ Comics”), and the other is called “Boys’ Love”. The purpose of this study is to clarify the characteristic traits of female consumers of pornographic manga, focusing on the Seventh National Survey of Sexuality among Young People (2011). These surveys are conducted every six years by the Japanese Association for Sex Education (JASE). The study compares the girls aged 12 to 22 whose source of information about sex was manga with those who cited other sources. The former had a positive image of sex and sexual open-mindedness, and demonstrated more knowledge of sex. Extrapolating from this data, I argue that pornography for young female readers can have a positive effect.
 日本には女性向けのポルノコミックがジャンルとして成立している。一つは、「レディコミ」あるいは「TL(ティーンズラブ)」で、もう一つは「BL(ボーイズラブ)」である。そのほかにもさまざまな少女・女性向けコミックのうちに性的表現が広く広がっている。本稿は、少女・女性向けマンガのうちに広がる性的表現の女性読者に着目し、その実態にせまる。具体的には、「第7 回青少年の性全国調査」のデータに基づき、性の情報源がマンガである女子とそうではない女子を比較する。性の情報源がマンガの女子は、セックスに対するポジティブなイメージと、性に対する寛容性をもつと同時に、性知識も高かった。このようなデータを通じて、ポルノグラフィが女性の読者にもつ有用性を明らかにする。
本文を読む

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11592/1/KU-1100-20171031-06.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報