紀要論文 マンガ展を視覚障害者に拓く試み : 触図による美術鑑賞を手がかりに
Making a Manga Exhibition Accessible for the Visually-Impaired

村田, 麻里子

49 ( 1 )  , pp.113 - 136 , 2017-10-31 , 関西大学社会学部
ISSN:02876817
NII書誌ID(NCID):AN00046982
内容記述
This paper reviews and evaluates the exhibits for the visually-impaired in the exhibition ‘Manga Museums for Whom?’ In the art world, tactile art is one of the major methods for art appreciation by the visually-impaired. By examining tactile pictures as a reference, this paper analyzes how manga exhibitions can become accessible for the visually-impaired. In both pictures and manga, challenges lie in trying to make two-dimensional art accessible and tangible. By applying some aspects of tactile pictures to the manga exhibition, the paper examines various possibilities and difficulties.
本稿では、筆者らが手掛けた「誰のためのマンガ展?」における視覚障害者コーナーの制作過程を、これまでにミュージアム等で試みられてきた触図による美術鑑賞を手がかりにしながら振り返り、評価する。そうすることで、究極の視覚メディアである「マンガの展示」という表現形式の意味を捉え返すと同時に、ミュージアムは果たして誰のために展示をつくっているのだろうか? という根本的な問いについて考えたい。
本文を読む

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11591/1/KU-1100-20171031-05.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報