会議発表論文 イスラム教に対する顔イメージの可視化 : ステレオタイプ内容モデルの役割

守谷, 順

2017-09
内容記述
日本パーソナリティ心理学会第26回大会 会期:2017年9月7日~8日 会場:東北文教大学
本研究は平成27年度関西大学若手研究者育成経費(個人研究)において,研究課題「偏見による顔イメージの変化とその操作」として研究費を受け,その成果を公表するものである。
本文を読む

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11492/1/KU-0020-20170900-00.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報