Departmental Bulletin Paper 心理的ディタッチメント尺度の作成および信頼性・妥当性の検討
Development of a Psychological Detachment Scale for Japanese Employees

西田, 裕子  ,  寺嶋, 繁典

7pp.93 - 100 , 2017-03-18 , 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
NCID:AA12590224
Description
近年のIT技術の進歩に伴い、通勤中や自宅でも仕事が可能となり、仕事とプライベートとの境界が曖昧になっている。そこで休日は仕事から心身ともに離れて仕事のことを考えないという、心理的ディタッチメントという概念が重要となる。本研究では成果主義的な欧米社会とは異なる本邦で適用可能な心理的ディタッチメント尺度を作成し、その信頼性と妥当性を検討することを目的とした。調査協力を得た一般企業の従業員に対して質問紙調査を実施し、因子分析を適用したところ、単純構造を示した。この結果に基づいて「心理的ディタッチメント尺度」を構成し、クロンバックのα係数を算出したところ、.93 と高い内的整合的信頼性を示した。また「職業性ストレス簡易調査票」の下位尺度のうち「心理的な仕事の量的負担」「仕事のコントロール」「心理的ストレス反応」「身体的ストレス反応」との相関分析を行った結果、本尺度が一定の妥当性を有することが示唆された。
Since the progress of information technologies, employees are having a harder time getting distance from work during off-job hours in recent years. Psychological detachment from work is an important concept that refers to employees being apart from their jobs not only physically but also mentally. Th e purpose of this study is to construct the psychological detachment scale for Japanese employees and examines its reliability and validity. The results of the factor analysis showed simple structure. Using these results, the Psychological Detachment Scale was constructed with a high degree of internal consistency (Cronbach’sα=.93). In addition, to confirm the validity, we examined the correlation with the subscale of “Brief Job Stress Questionnaire.” These results suggested the validity of the Psychological Detachment Scale.
Full-Text

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11332/1/KU-1100-20170318-12.pdf

Number of accesses :  

Other information