紀要論文 体験過程様式の推定に関する研究 : EXPチェックリストII ver.1.1 作成の試み
Estimating the Modes of Experiencing: The Development of an EXP Checklist-II ver.1.1

久保田, 恵実  ,  池見, 陽

7pp.57 - 66 , 2017-03-18 , 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
NII書誌ID(NCID):AA12590224
内容記述
本研究は、クライエントの体験過程様式の簡便な推定や、臨床教育・傾聴トレーニングのために、EXPチェックリストII と評定用ビデオクリップを作成することを目的とした。三宅・池見・太田(2005)のEXPチェックリストに修正を加えたEXPチェックリストII を用いて、評定者たちは三宅・池見・田村(2007)の分類による体験過程様式の5段階を反映するように作成されたビデオクリップを評定した。その結果、信頼性は高く、Very Low,Middle,High の正答率も高かったが、Very High の正答率が低い結果となった。また、三宅・池見・太田(2005)が課題として記述していたMiddle の評定をめぐる難しさが確認された。設問項目の回答数を検討したところ、Middle の設問項目にあるフェルトセンスの有無を問う項目がMiddle 評定の決め手になっていた。研究2でMiddle のビデオクリップを、より明確にMiddle 段階を反映するように作成し直したところ、Middle の正答率は著しく向上した。このことは、EXP チェックリストの設問内容の改善よりも、各段階を明らかに反映しているビデオ教材の作成が課題であることを示している。今後は、EXPチェックリスト‒II の設問内容は一応の完成とみなし、より正確に体験過程様式の5段階を反映したビデオ教材の作成が課題であると考察した。
The objective of this study is to develop an EXP Checklist-II and sample rating video clips. This checklist enables estimating the modes of client experiencing and can be a useful tool in training for listening and psychotherapy. Using a revised version of Miyake’s EXP Checklist (2005), raters rated video clips representing the 5levels of experiencing as described by Miyake et al. (2007). High reliabilities were obtained. Raters tended to correctly rate Very Low, Middle, and High levels, but fewer correct ratings were obtained for Very High. These results support earlier findings by Miyake. An examination of Middle level ratings revealed that the item asking to identify if a felt sense was present was crucial to rate correctly. When the video clip for Middle was replaced in Study II, raters tended to rate correctly. This finding indicates that, for improving correct ratings, video clips that accurately reflect EXP levels are more important than the wordings of items in the EXP Checklist. Hence, this study proposes that the EXP Checklist II is in its finalized form and that future studies be directed to improving the quality of sample clips used for rating and for training to identify the modes of experiencing.
本文を読む

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11328/1/KU-1100-20170318-08.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報