Departmental Bulletin Paper 教学IRでの決定木分析の活用 : 初年次の学修成果に影響する入学時の学生特徴の探索を例として
Decision Tree for Institutional Research in the Educational Field : As an Example of Searching for Student Characteristics at the Time of Admission Affecting the Learning Outcomes of the First Year Experience

紺田, 広明  ,  森, 朋子

8pp.69 - 78 , 2017-03-01 , 関西大学教育開発支援センター
ISSN:21856389
NCID:AA12626037
Description
本論文では、インスティテューショナル・リサーチ(IR)における主要なデータマイニング手法である決定木分析の活用について論じた。決定木の利点と留意点を整理し、教学IRにおける決定木分析の有用性について検討した。具体的な文脈として、初年次の学修成果に影響する入学時の学生特徴を探索するという場面を想定して、決定木の活用の全体の流れを示した。分析設計を検討し、模擬データを用いてRでの決定木分析の実行例を提示した。そして、決定木分析が示唆する結果を確認的に分析することで、主要な説明変数を見出すことになり、学習支援等への検討や次なる分析対象の絞り込みにつながることを論じた。
Full-Text

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11102/1/KU-1200-20170301-08.pdf

Number of accesses :  

Other information