紀要論文 〔判例研究〕 自ら出産した新生児を殺害した被告人が,その死体をタオルで包み,ポリ袋に入れるなどして自宅などに隠匿した死体遺棄の事案について,葬祭義務を果たさないまま放置した不作為による遺棄行為を起訴したものであるから,公訴時効の起算点は,警察官が死体を発見した時であるという検察官の主張を排斥し,作為による死体遺棄罪が成立するとした上,公訴時効が完成しているとして免訴を言い渡した事例
Case Note : Leichenbeschädigung oder Nichtbestattung nach der Tötung? -Zugleich zur Abgrenzung von Tun und Unterlassen in Bezug auf die Beendigung der Tat und die Strafverfolgungsverjährung

山下, 裕樹  ,  YAMASHITA, Hiroki

66 ( 2 )  , pp.107 - 128 , 2016-07-25 , 関西大学法学会
ISSN:0437648X
NII書誌ID(NCID):AN00047180
内容記述
――大阪地裁判平成25年3月22日判タ1413号386頁――本稿は,同志社大学で行なわれた刑事判例研究会での報告を基礎に執筆したものである。
本文を読む

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/10426/1/KU-1100-20160725-05.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報