Departmental Bulletin Paper 〔判例研究〕 運転者がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら行なった被告人の了解および黙認行為が、危険運転致死傷罪の幇助にあたるとされた事例 ―最決平25年4月15日刑集67巻4号437頁ー

山下, 裕樹  ,  YAMASHITA, Hiroyuki

2016-03-11 , 関西大学法学会
ISSN:0437-648X
Full-Text

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/10241/1/KU-1100-20160311-05.pdf

Number of accesses :  

Other information