紀要論文 Active Learning の理論と実践に関する一考察 LA を活用した授業実践報告 (7)

三浦, 真琴  ,  MIURA, Makoto  ,  松田, 昇子

2016-03-31 , 関西大学教育開発支援センター
ISSN:21856389
内容記述
『「恋する学問」は、関西大学の学生科目提案委員という制度を利用して、私たち学生3人が、2年間かけて企画・立案した全学部対象の一般教養科目です。先生や大学職員さんのお力をお借りしながら、シラバス作成から、毎回の授業を90分間どうするかまで自分たちで考えています。授業を創ったきっかけは、3人とも1年生の秋学期に三浦先生の「大学教育論~大学の主人公は君たちだ~」という授業を受講していて、「身の回りにあるものへの知的好奇心」を持った学生が輝ける場所、それが大学なのだということを、もっと自分たちの言葉で伝えていきたいと思ったからです。「もっと知りたい」「もっと自分のことを知ってほしい」と思う好奇心は「恋心」 と同じようなものではないでしょうか。私たちはその「恋心」を学問、チームの仲間、授業、日々の生活など、多くのものにもてるようになることを目的とし、約40人の受講生とともに授業を創り上げています。』 (Field of Invaluable learning 2016*のパンフレットより)
本文を読む

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/10046/1/KU-1200-20160331-01.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報