紀要論文 〔翻訳〕 クレア・チャーターズ「マオリに対する受諾者義務と2004年前浜・海底法:比較検討および前浜・海底法によってマオリが失ったもの」
[Translations] Clair Charters, 'Fiduciary Duties to Maori and the Foreshore and Seabed Act 2004: How Dose it Compare and What Have Maori Lost?'

角田, 猛之

65 ( 5 )  , pp.332 - 384 , 2016-01-30 , 関西大学法学会
ISSN:0437648X
NII書誌ID(NCID):AN00047180
本文を読む

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/9965/1/KU-1100-20160130-09.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報