Departmental Bulletin Paper 被災地におけるメディアリテラシー・ワークショップを用いた調査実践の試み

岡田, 朋之  ,  OKADA, Tomoyuki  ,  香月, 梨沙  ,  KATSUKI, Risa  ,  北田, 佳子  ,  KITADA, Yoshiko  ,  鶴山, 聖  ,  TSURUYAMA, Hijiri  ,  濱崎, 美香  ,  HAMAZAKI, Mika

2016-02-29 , 関西大学総合情報学部
本論文では,防災カードゲーム「クロスロード」のフォーマットを用いて,携帯電話やネット・コミュニケーションにおけるさまざまなトラブルなどの問題に応用したワークショップを,東日本大震災の被災地で実施した試みについて紹介する.これまでの研究から「クロスロード」を用いた実践は,メディアリテラシーの啓発と向上に効果をもたらしうることが確認されてきた.本研究においては,震災被災者を対象に実施することで,従来のインタヴュー調査などでは引き出しにくいと考えられる,深い内容のデータも収集しうるのではないかという目論見から調査実践をおこなった.結果としては,期待した成果を十分得られなかった部分もあったが,ワークショップのデザインを修正していくことにより,方法の発展の余地があることも確認された.This study discusses the proceedings of a workshop that examined the format of a disaster prevention card gaming called “Crossroad,” applied to resolve various problems related with mobile phone usage and Internet communication. Through subsequent studies, we have also confirmed that it is effective forpractices applied the Crossroad method to enlighten people and to improve media literacy. As this method could dig out the deeply bottomed content which had been seemed to be difficult to be picked up with great disaster victims, we were going to make workshops of gaming in this case. Though we could not derive the expected results, we also recognized possibilities for improvement with the design of the workshop.

Number of accesses :  

Other information