Departmental Bulletin Paper Freire, E.による無条件の肯定的配慮論 ~古典的クライエント中心派の主要原理~

中田, 行重  ,  NAKATA, Yukishige  ,  小野, 真由子  ,  構, 美穂  ,  中野, 紗樹  ,  並木, 崇浩  ,  本田, 孝彰  ,  松本, 理沙

2015-03-15 , 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
Description
古典的クライエント中心派の論客Freire, E. による無条件の肯定的配慮についての考え(2001)を紹介し、それについての考察を行った。Freire は、セラピストが自己を出来るだけ脇に置くほどプレゼンスを提供するという彼女独自の理論を基盤に、無条件の肯定的配慮が中核条件のうち最も重要であり、共感的理解と同じであるという、古典的クライエント中心派の考え方を解説している。その他、ここに紹介する論文は2 つの事例を掲載しており、無条件の肯定的配慮を具体的に考える上で刺激となる論文である。
Full-Text

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/8993/1/KU-1100-20150315-08.pdf

Number of accesses :  

Other information