Departmental Bulletin Paper ゲシュタルトクライシスを経験した女性の成長過程 —ゲシュタルト療法からの考察—
A Case Report of a Women in Adolescence Who Experienced Some Psychosomatic Symptoms Examined from the Viewpoint of Gestalt Therapy
ゲシュタルト クライシス オ ケイケン シタ ジョセイ ノ セイチョウ カテイ ゲシュタルト リョウホウ カラノ コウサツ

中西, 美和

(14)  , pp.53 - 67 , 2018-03-01 , 大阪女学院大学
ISSN:1880-0084
NCID:AA12028997
Description
論文
本事例の報告では、筆者がセラピスト(以下CP と記す)として関わった、実家から離れたことによりゲシュタルトクライシスを経験し、不適応に陥ったと思われる青年期女性(以下Cl と記す)とのカウンセリングをふりかえり、ゲシュタルト療法の立場から考察を行った。CP は、Cl がコンフルーエンス状態にあると見立て、自他の境界や自分の気持ちと身体とを区別することが治療的に意味を持つと考えカウンセリングを行った。CP の関わりを通して、CP とCl の関係性が深化したことや、実家と現在の生活の場とを往復したことなどが奏功し、Cl が実家を安心基地として内在化し、それを活かしながら、自立していく過程が示唆された。
In this case report, the process of psychotherapy for an adolescent female client was examined from the viewpoint of Gestalt therapy. The client, who experienced some psychosomatic symptoms caused by living alone, away from her parental home, was considered to have ego-boundary problems. The therapist assumed that it was therapeutically meaningful for her to establish a clear boundary between her feelings and her body. In the therapy sessions, the therapist suggested that she visit her parental home during her holidaysto be free from her daily pressures and to energize herself. The therapist offered some positive feedback when she struggled with her daily duties. Through this therapy, making that trip between her parental home and her private home worked well. It was suggested that internalizing the parental home as a secure base supported her personal growth.

Number of accesses :  

Other information