Departmental Bulletin Paper 英語発音における学習者の自己評価の難易度:音素と音のつながりについて
The degree of difficulty in learners’self-assessment of English pronunciation : Focusing on phonemes and connected speech
エイゴ ハツオン ニ オケル ガクシュウシャ ノ ジコ ヒョウカ ノ ナンイド オンソ ト オト ノ ツナガリ ニ ツイテ

大塚, 朝美

(47)  , pp.15 - 24 , 2018-03-01 , 大阪女学院短期大学
ISSN:0387-0084
NCID:AN00029189
Description
論文
本稿は、英語発音学習において学習項目別にみる自己評価の難易度を調査することを目的としている。対象は、英語を専攻する女子大学生35 名で、通年の授業の最終段階にダイアログを録音した後、自分の発話音声を聴取しながら、評価対象箇所の音素および音のつながりについて3 択で評価した。教員による同様の評価結果と一致する割合を求めたところ、音素の評価では、子音より母音の評価が一致した割合が多く、音のつながりでは、連結が4 割程度だったのに対し、脱落や同化では7 割程度であった。これらの結果から、評価対象によって自己評価の難易度に差があることが明らかとなった。原因の考察と今後の指導への提案を行う。
The purpose of this study is to investigate the degree of difficulty in learners' selfassessment of English pronunciation. The participants were 35 female college students majoring in English, and they read a dialog and recorded it during the last class of oneyear course. They evaluated the recording based on a check list with a 3-point Likert scale. Compared with the teacher's evaluation of phonemes, the students' evaluation of vowels was more consistent than that of consonants. As for connected speech, their evaluation of linking was about 40% consistent, while assimilation and elision were more than 70%. Judging from those results, we can admit the difficulty of self-assessment based on the study items. A detailed explanation and further suggestions are provided.
Full-Text

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3497/1/B_02%e5%a4%a7%e5%a1%9a.pdf

Number of accesses :  

Other information