紀要論文 Designing a contextualized study-abroad program
実地体験を重視した新海外研修プログラムのデザイン
ジッチ タイケン オ ジュウシ シタ シン カイガイ ケンシュウ プログラム ノ デザイン

Fu, Akemi

(47)  , pp.1 - 13 , 2018-03-01 , 大阪女学院短期大学
ISSN:0387-7744
NII書誌ID(NCID):AN00029189
内容記述
論文
The present paper reports the designing process of a new study abroad program, Area Studies (U.S.) The unique characteristics of this new program are found the following three aspects. 1. Making connection between the content of IS, Sustainable Futures, with theexperiential learning in Big Island 2. Building connection with local professionals who play influential roles in their specialized fields 3. Bringing connection across generations for passing down traditional values and philosophies In adding a new program into a repertoire of different study abroad programs in Osaka Jogakuin College, this designing process pays particular attention to the continuous process of plan-do-see process with using the guideline suggested by Deardorff (2013). In order to start “with the end in mind” (p.111) learning outcomes set in the beginning stage leads us to make appropriate execution and evaluation of the program.
本稿の目的は、大阪女学院短期大学が「エリアスタディーズ(米国)」として新たに加える海外研修プログラムのデザイン過程を、記録として残すことである。Deardorff(2013)が指摘するように、プログラムを適切に評価するためには、企画―運営―評価の全体プロセスを念頭に置くことが重要であり、本稿内でも、現段階での全体像を記す。また、新プログラムの特色は以下の3 点に集約される。 1. IS4 で学ぶ「Sustainable Futures」をハワイ島ヒロでの体験学習と結びつける 2. ヒロ現地で活躍する専門家たちとの関係を築く 3. 長年受け継がれてきた価値観や哲学を、世代を超えて継承する
本文を読む

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3496/1/B_01FU.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報