紀要論文 21世紀国際共生のための教育者・研究者交流活動
Interaction Between Educators and Researchers from Around the World for Global Harmony in the 21st Century
21セイキ コクサイ キョウセイ ノ タメ ノ キョウイクシャ ケンキュウシャ コウリュウ カツドウ

加賀, 友子

  ( 14 )  , pp.167 - 176 , 2018-03-01 , 大阪女学院大学
ISSN:1880-0084
NII書誌ID(NCID):AA12028997
内容記述
実践報告
本稿は、世界中の教育者と研究者の交流が21 世紀の国際共生のために大変重要で有効であることをまとめた実践報告書である。研究者と教育者の異文化間交流に関連した2つの例を報告する。第1に、冊子「21 世紀の生物教育の課題と展望―自然と人類のために」(加賀他、1999)を紹介する。第2に、アジア生物教育協会(Asian Association Biology Education、略称AABE)の隔年会議のいくつかの成果について議論する。このような交流を通じて、研究者や教育者は世界中の人々の異文化間交流を深める方法を見つけ出すことができることを検討する。
This paper is a practical report summarizing how important and effective interaction between educators and researchers from around the world is for global harmony in the 21st century. This paper reports on two examples of intercultural exchange between researchers and educators. First, this paper introduces the brochure "Challenges and Perspectives of Biological Education in the 21st Century: For Nature and Humanity" (Kaga et al. 1999). Second, this paper discusses outcomes from several meetings of the biennial meeting of the Asian Association Biology Education (AABE). Through interactions such as these, researchers and educators can begin to find ways to deepen intercultural exchanges between people across the globe.
本文を読む

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3490/1/B_11_%e5%8a%a0%e8%b3%80%e5%8f%8b%e5%ad%90.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報