Departmental Bulletin Paper ジョン P・ミラーの教育観と深い学び ―「アクティブ・ラーニング」を再考する―
John P. Miller’s Perspective on Education and Deep Learning
ジョン P・ ミラー ノ キョウイクカン ト フカイ マナビ アクティブ・ラーニング オ サイコウ スル

奥野, アオイ

(14)  , pp.121 - 135 , 2018-03-01 , 大阪女学院大学
ISSN:1880-0084
NCID:AA12028997
Description
論文
文部科学省は、知識や技能を専門的に学ぶ場であった高等教育を、生涯学び続け主体的に考える力を育成する教育パラダイムに変えようとしている。それは、高等教育の大衆化が浸透し、急速に情報・知識リテラシーが複雑になる社会で学生たちの「生きる力」を育もうとしている。これまで主流だった学生の受動的から能動的な深い学びを重視するようになったが、すでに19 世紀末、欧米諸国から世界中に子どもの自主性・主体性を促す教育改革運動はあった。本稿は、その継承として1980 年代に確立したホリスティック教育の第一人者であるジョン P・ミラーの教育観から「アクティブ・ラーニング」について再考する。
The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology intends to reform the educational paradigm of Higher Education, from where knowledge and skills are taught professionally to where students are enforced their subjective life-long leaning. It tries to nurture students' "living powers" in the complicated modern society of Information and Knowledge literacy. It also empathizes that the students' leaning style of being active as deep out of themselves rather than the mainstream of students' passive one over a long period of time, although New Education's child-centered education has been already spread around the world from the Western countries since the end of 19th century. This paper reconsiders "Active Leaning" from the John P. Miller's perspective on Education, which has established in the 1980's in succession to New Education.
Full-Text

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3487/1/B_08_%e5%a5%a5%e9%87%8e%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%82%a4.pdf

Number of accesses :  

Other information