Departmental Bulletin Paper 授業内英語使用に対する日本人英語教師と大学生のビリーフ:混合研究法による比較調査
A Comparative Study of Non-native English Speaking Teachers’ and University Students’ Beliefs about Target Language Use Only in the Class by the Mixed-Methods Approach
ジュギョウナイ エイゴ シヨウ ニ タイスル ニホンジン エイゴ キョウシ ト ダイガクセイ ノ ビリーフ コンゴウ ケンキュウホウ ニ ヨル ヒカク チョウサ

上野, 育子

(14)  , pp.69 - 84 , 2018-03-01 , 大阪女学院大学
ISSN:1880-0084
NCID:AA12028997
Description
論文
本論文は、日本のEFL 環境での授業内でのTL(Target Language)使用について、教師・学習者のビリーフ(信条)を比較する事を目的とした。日本人英語教師(NNEST)と大学生の参加者に Beliefs about Language Learning Inventory:BALLI( Horwitz, 1985)に新たにTL使用授業に関する質問6 項目を加えた質問紙に回答を依頼し、その結果を相関分析・因子分析で分析した。又、調査者が英語のみの授業実践を6 回連続して行い、学習者のビリーフの特徴をインタビューによる質的調査で探索した。結果、教師・学習者両方が幅のあるビリーフを構築しており、学習者の全体的肯定傾向に対し、教師はやや消極的で英語使用授業実践の困難さと母語使用の必要性を感じている様子が推察された。又、学習者は学習者自身よりも教師の授業内TL 使用を、より多く期待している事が分かった。
This study investigates the teachers' and learners' beliefs about the Target Language (TL) use only in the class in the Japanese EFL (English as foreign language) context. The researcher conducted an exploratory study with quantitative and qualitative analyses withina multimethod approach. The participants as teachers for only NNESTs (non-native English speaking teachers) at universities and university students as learners were examined. As findings, the results for the quantitative study showed many different sets of beliefs onTL use in the class among teachers and learners. As a whole, learners expected TL use in the class quite positively, however, teachers seemed to struggle with its use and feel the necessity of L1 (Japanese) use at the same time. Moreover, although the learners expected TL use only in the class positively, they expected their teachers to use TL more frequently than they do.
Full-Text

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3484/1/B_05_%e4%b8%8a%e9%87%8e%e8%82%b2%e5%ad%90.pdf

Number of accesses :  

Other information