Departmental Bulletin Paper 大阪府立特別支援学校の校長人事に関する実証的研究 -障害者差別解消法施行前の状況から校長免許状創設へ-
Empirical Study of the principal personnel of Osaka Prefectural special needs schools: Recommended the principal license founding from the analysis of the situation before the law in order to eliminate disability discrimination be enforced
オオサカフリツトクベツシエンガッコウノコウチョウジンジニカンスルジッショウテキケンキュウ ショウガイシャ サベツ カイショウホウ セコウマエ ノ ジョウキョウ カラ コウチョウ メンキョジョウ ソウセツ ヘ

森  , 均

(46)  , pp.37 - 49 , 2017-03-01 , 大阪女学院短期大学
ISSN:0387-7744
NCID:AN00029189
Description
研究ノート
2013 年6 月、障害者差別解消法(正式名:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が公布され、2016 年4 月1 日から施行された。この法では、「当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。」と規定され、国公立の高等学校並びに特別支援学校において合理的な配慮の提供は法的義務となった。 このような状況のもと、本研究では特別支援教育の経験のない高校教員が教頭に登用されている大阪府立特別支援学校に着目し、その校長人事の状況を先行研究の研究手法や成果を参考にしながら実証的に明らかにして、その内容から大阪府独自の校長免許状の創設を提言する。
The law in order to eliminate the disability discrimination was enforced from April 1, 2016. In this law, it stipulates that“ in accordance with the state of the gender and age as well as the disabilities of the people with disabilities, must be necessary and reasonable consideration for the removal of social barriers.” Provision of reasonable care in high schools and specialschools of national and public became a legal obligation. Under such circumstances, in this paper, the author focused on the Osaka Prefectural special needs school where high school teachers have been elevated to the head teacher, empirically revealed while the research methods and results of its principal personnel prior studies as a reference, it recommends the creation of Osaka own principal license from the results.
Full-Text

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3437/1/B_03%e6%a3%ae.pdf

Number of accesses :  

Other information