Departmental Bulletin Paper Jacques Ellul, Propaganda, and the Possibility for Changing the Peace Articles of the Japanese Constitution
Jacques Ellul, プロパガンダ、そして日本国憲法第9 条を変更の可能性
Jacques Ellul プロパガンダ ソシテニホンコクケンポウダイ9 ジョウオヘンコウノカノウセイ

Swenson, Tamara

(13)  , pp.1 - 16 , 2017-03-01 , 大阪女学院大学
ISSN:1880-0084
NCID:AA12028997
Description
論文
This paper applies the theoretical perspective of Jacques Ellul, as set out in Propaganda: The Formation of Men's Attitudes (1965/1962), to examine why the Liberal Democratic Party (LDP), despite years of effort, has had little success in shifting public opinion regarding constitutional reform, particularly in regards to changes to the Article 9 provisions. Ellul argues that propaganda is the use of media to transmit an ideological position and transform this ideology into a societal myth. Ellul rejects association of myth with falsehood and, instead, considers the term closer to the Greek origin as denoting narrative. Ellul's theoretical model provides a way to understand why the efforts of subsequent LDP governments have made scant progress in swaying public opinion.
本稿は、ジャック・エリュールの『プロパガンダ:人の態度の形成』に提示されている理論的見解を、自由民主党が年来の努力にもかかわらず憲法改正に関する世論を変えること、特にその9 条の変更になぜ殆ど成功してこなかったのかについての検討に援用する。エリュールは、プロパガンダとはイデオロギー的地位を伝え、イデオロギーを社会的神話に変換するメディアの利用であると論じる。エリュールは、社会的神話と欺瞞の関連を否定し、代わりに物語を示すギリシャ語の語源に近い用語を検討する。エリュールの理論的モデルは、継続する自民党政権の努力が世論を動かすことになぜ僅かな進展しかもたらさないのかを理解するひとつの方法を提供するものである。
Full-Text

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3423/1/B_01Swenson.pdf

Number of accesses :  

Other information