紀要論文 大阪府立学校における学校評価等の変遷に関する考察 − 5 校の校長経験をもとに−
A Study on the Transition of school evaluation, etc. of Osaka Prefectural schools − Based on the experiences as principal at five schools −
オオサカ フリツ ガッコウ ニ オケル ガッコウ ヒョウカトウ ノ ヘンセン ニ カンスル コウサツ ゴコウ ノ コウチョウ ケイケン ヲ モトニ

森, 均

(45)  , pp.19 - 40 , 2016-03-01 , 大阪女学院短期大学
ISSN:0387-7744
NII書誌ID(NCID):AN00029189
内容記述
研究ノート
大阪府においては、教育基本法・学校教育法・学校教育法施行規則の改正後、大阪府教育行政基本条例・大阪府立学校条例等の制定によって、学校評価に関わる状況は大きく変貌した。本稿では、これらの法改正や条例等の制定前後の状況を筆者の府立学校5 校の校長経験を踏まえて考察し、今後の大阪府における学校評価に関する議論に資するものとする。
In Osaka Prefecture, after the revision of the Fundamental Law of Education, the School Education Law, by the enactment of Osaka educational administration basics regulations and the Osaka Prefectural school regulations, the situation regarding school evaluation haschanged greatly. In this paper, based on the author's experiences as principal at five schools, consider these changes in order to help the future measures on school evaluation at Osaka Prefectural schools.
本文を読む

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3166/1/B_02%e6%a3%ae.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報