紀要論文 筆記、実技、意識調査から検証する音声学習項目の定着 :語強勢とイントネーション・パターンについて
An Analysis of English Pronunciation Acquisition Based on a Written Test, Recorded Pronunciation, and a Questionnaire: Focusing on Word Stress and Intonation Patterns
ヒッキ ジツギ イシキ チョウサ カラ ケンショウ スル オンセイ ガクシュウ コウモク ノ テイチャク ゴキョウセイ ト イントネーション パターン ニ ツイテ

大塚, 朝美  ,  上田, 洋子

(45)  , pp.1 - 17 , 2016-03-01 , 大阪女学院短期大学
ISSN:0387-7744
NII書誌ID(NCID):AN00029189
内容記述
論文
本研究は、大学での英語音声学の通年授業で指導される音声学習項目のうち、語強勢とイントネーション・パターンに焦点を当て、筆記、実技、意識調査の3 点からそれらを検証し考察したものである。英語音声学を受講する大学1 年生を対象に、4 月と1 月の授業で発音診断テストとして筆記と録音のテスト及び意識調査を行い、理論知識の定着、発音実技の伸び、意識の変化を計った。その結果、語強勢とイントネーションについては、筆記、実技ともに平均点は上昇し、ある程度の定着を示した。また、意識調査の結果から、これらの項目への自信が生まれたことも明らかとなった。さらに1 月の意識調査、筆記、実技の3 点について相関分析も行った。
Among the pronunciation instruction items in a college English phonetics course, thisstudy focused on word stress and intonation patterns, and analyzed Japanese students'performance on the diagnostic written test, recorded dialogue, and a self-assessmentquestionnaire. A survey of the first year college students taking the phonetics course was conducted at the beginning (April) and the end (January) of the course to measure thechanges in their knowledge of phonetic rules, their actual pronunciation, and their selfassessment. Results showed the average scores on both the written test and recorded dialogue improved, and indicated that students' learning of word stress and intonation patterns took place in class. Also, the results from the questionnaire showed that students' confidence on both items increased. The correlation test of the data from the questionnaire, the written test, and the recorded dialogue in January was analyzed for further discussion.
本文を読む

http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/bitstream/10775/3165/1/B_01%e5%a4%a7%e5%a1%9a_%e4%b8%8a%e7%94%b0.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報