Departmental Bulletin Paper 銅触媒を用いた3成分カップリングによるアルケニルスルフィド・スルホンの合成

谷口, 暢一

6pp.1 - 6 , 2017-11-11 , 福島県立医科大学総合科学教育研究センター
ISSN:2187-3321
Description
銅触媒による硫黄化合物のアルキンへの付加において、ジスルフィドを用いる反応では、β-ハロアルケニルスルフィドを与え、スルフィン酸塩を用いるとβ-ハロアルケニルスルホンを立体選択的に合成することができた。これらの反応は、酸化的条件下、すなわち大気下において効率よく行うことができる。さらに、本化合物のハロゲンと硫黄置換基との反応性は大きく異なるため、様々な化合物へ誘導することができ、多置換アルケンを合成するための良い中間体として利用することができる。
Full-Text

http://ir.fmu.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/663/1/IcshKiyo_6_p1.pdf

Number of accesses :  

Other information