紀要論文 日本の英語教育の小中連携について : 評価基準構築の観点から
The Collaboration of English Language Education in Japanese Elementary and Junior High Schools : From the Aspect of Creating Evaluation Standards

鷲尾, 晴貴

13pp.19 - 42 , 2016-03-00 , 龍谷大学大学院国際文化研究論集編集委員会
ISSN:13491342
NII書誌ID(NCID):AA1251310X
内容記述
日本の英語教育において、英語のコミュニケーション能力の育成が声高に打ち出されたのは1989年改定の学習指導要領である。改定以前は知識獲得重視の英語教育であったが、この改定以降、コミュニケーション能力などの実用性が重視されてきた。2008年改定版では、「読む、書く、聞く、話す」という4技能を総合的に育成することが目標とされ、2011年から小学5、6年生を対象に外国語(英語)活動が開始された。また、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、「教科としての英語」が全国の小学校で実施されることが正式に決定している。このように、文部科学省が学校教育システムへの英語の早期導入を決定したものの、教育現場では多くの問題が存在しているとの指摘がある(戸澤, 2009・アレン玉井, 2009・金森, 2010)。様々な問題の中でも、英語が教科化されることで生じる「評価」に関わる問題は、いまだ成績で生徒の進路が左右される日本の教育システムにおいて重要な課題である。評価に焦点を当てた小中の連携について研究することは、これからの日本の英語教育をより良くするために、非常に重要な研究課題であると考える。序章では、研究の背景、目的、意義について述べる。第一章では小学校外国語活動における評価のあり方に、評価面での小中連携、英語モデルの選定について先行研究を調査し、本研究におけるリサーチクエスチョンとして、1)外国語活動における自己評価結果をどのように活用すべきか、2)小学校と中学校で、どのように教育目標および評価を連携させていくべきか、3)外国語活動においてWorld Englishesの考えをどのようにして授業に反映させるべきか、設定した。英語教育特区である沖縄県浦添市を対象に事例研究を行った。第二章では浦添市の英語教育と文部科学省が目標としている英語教育との比較を行い、事例設定理由を論じた。三章において1)浦添市で用いられている自己評価の情報をポートフォリオとして作成すること、2)中学校英語において音声や態度を育成し評価すること、3)Word Englishesを外国語活動に組み込むための一例を示すことが出来た。しかし、効果の検証をするために縦断的な研究をする必要がある。 The importance of fostering English communicative competence in Japan was brought up by MEXT in its school guidance of 1989. Prior to this, emphasis placed on the learning English as a subject. In the guidance of 2008, it announced that reading, writing, listening and speaking skills should be developed simultaneously. In accordance with this statement, Foreign Language Activity has been taught among grade 5 and grade 6 students of elementary schools since 2011. In addition, English as a subject has been officially declared as mandatory in elementary education, which will take into effect from 2020. However, while MEXT has expressed its intention to enforce English education in elementary schools, several factors point out the difficulties thereof due several issues in Japanese schools. For example, the evaluation of the students' academic performances makes up one of the most important issues which may attribute to difficulties of enforcing English education in elementary schools due to the fact that students' grades – including grades from the elementary level - affect their careers in Japan. It can thus be argued that in order to improve English education in Japan, researching the collaboration of English language education between elementary schools and junior high schools with regards to academic evaluation is of great importance. Background information regarding this topics,as well as the purpose and significance of this research are included in the introduction. According to the literature review of this topic, the following research questions are given: 1) How should the results of self-evaluation be used in the foreign language activity? 2) How should elementary and junior high schools collaborate in the purpose and evaluation of English language education? 3) How should the perspective of 'World Englishes' be reflected in foreign language activity? Urazoe, a city within Okinawa prefecture in Japan, is considered exceptional in its approach towards English education in Japan and has therefore been chosen as a case study in this research. The second chapter will elaborate why the English education system in Urazoe City is compared with the English education system which is intended by MEXT. The third chapter that concludes this research draw on the following points: 1) Creating a portfolio according to the self-evaluation system in Urazoe City 2) The significance of evaluating speaking and the students' attitudes with regards to English education 3) An example of how the concept of World Englishes has been included in foreign language activity However, in order to verify the effect of these three points, it is important to conduct research related to this topic.
本文を読む

http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/6855/1/rd-kskn-rn_013_003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報