Departmental Bulletin Paper 自治体運営の〈全体制御〉とその手法 : 資源と事業の均衡ある運営のための制御のシクミを考察する
'Total Control' of the Management and Governance of Local Governments in Japan : A Study of well-balanced control of policy projects and resources

土山, 希美枝

5 ( 2 )  , pp.43 - 54 , 2016-03-14 , 龍谷大学政策学会
都市型社会における自治体は〈政策・制度のネットワーク〉である公共政策のうち、「市民の生活に必要不可欠な政策・制度を整備し、それによって市民生活の最低水準を保障する」役割をもつ政策主体である。それは、有限の資源を、無限の政策課題から一定の手続きによって自治体の政策課題を特定し配分することによって達成される。資源量が減少していくことが想定されるこんにち、資源量の減少に応じた事業の調整は、政治決断・政策判断による事業の削減か、多様な政策主体間連携による事業負荷の軽減によることになろう。しかし、後者は大きな成果をあげていないし、市民の「信託」を具体化するためには、やはり、事業にたいする政治決断・政策判断つまり事業の優先順位の決定や削減の決断をおこなうシクミが必要となってくる。自治体の〈全体制御〉は、事業と資源の〈総合調整〉のシクミとしての総合計画、自治体運営の〈遵守原則〉のシクミとしての自治体基本条例によって可能となるのではないか。 Local governments are policy actors, in the sense of "installing the minimum policies and systems in the public policy network, to protect the minimum standards of citizens' daily lives". This is achieved through resource allocation based on democratically determined policy issues as a governmental mandate. It seems likely that there will be a decrease in policy resources in the near future, so it is important for the decision making system to restrict policy projects, and/or establish priorities through democratic means. Combining the policy project general planning system, including balanced allocation of resources, with the Basic Ordinance of Local Governments, is useful for this purpose. This represents the 'total control' of local government.

Number of accesses :  

Other information