紀要論文 韓国の口伝文学
Oral-literature of Korea

朴, 炫国

(20)  , pp.43 - 50 , 2016-03-20 , 龍谷大学国際文化学会
ISSN:13431404
NII書誌ID(NCID):AA11423602
内容記述
人間は他の動物と異なり言語活動を通し意思疎通を行い文化を創造、伝承、伝達して来た。人類が存在する限り人間の言語活動は続くであろう。言語の多様な機能の中で、文学的機能は人間の審美的活動を高揚させて人間に効果的なカタルシスを抱かせてくれる。文字が持つ言語の限界を越え口頭による言葉で人間誰もが感情を高めて共感を確認することができる手段はあまり多くない。この論文では、次のようなことを考察する。韓国の人々はいつから物語を楽しんできたのか。物語の楽しみは果たして何なのか。どのような内容の話が語られ聞かされて来たのか。多くの人に人気を得ている専門の語部はどのような人物なのか。どのような人が話を聞くのか。物語が様式化された文学のジャンルはないのか等の論議を通して韓国の語り方の個別性は何なのか、口碑文学の普遍性は何なのかということを検討する。 All of the discussion explained above considers not only the particular circumstances in Korea, but also the common characteristics of literature that human beings can feel. The particular circumstances mean that Korean people enjoy the oral literature in the Korean language and that the natural environment and characters of Korea are popular main themes. Moreover, the music added during the transition from oral literature to Pansori has been developed based on the Yukjabaekii rhythm of the Southwest folk song. These basic Korean cultural themes in conjunction with the universality of oral literature - historicity, orality, entertainment, commonality, etc - have had a consequential impact on the establishment and development of the universality of Korean oral literature.
本文を読む

http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/6715/1/ks-kn_020_005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報