Departmental Bulletin Paper 歴史としての個人史 : 伝記、自叙伝、主体の混乱
History of Individuals : Biography, Auto-biography and Ambiguous Subjects

瀧口, 順也

(19)  , pp.19 - 28 , 2015-03-20 , 龍谷大学国際文化学会
近年の歴史学界では、ポストモダン歴史学や言語論的転回の影響を受けて「個人」を対象とした歴史が以前とは異なる観点から注目を集めている。本稿は、個人を対象とした歴史叙述として、「伝記」と「自分史」の二つの形態に着目し、それぞれが近年になって注目を集めている理由とその手法の意義を検討する。また、イギリス共産党員だったM.マーフィーの「自伝」を取り上げ、個人史における主体と表象の問題に迫る。 Historians have been extending their focus on individual lives as a means of understanding historical subjects. This article pays particular attention to biography and auto-biography in order to examine new perspectives on and approaches to individual lives in history. It also poses a question on the current understanding of subjects in biography and auto-biography with the narrative or M. Murphy (formerly a member of the Communist Party of Great Britain) as a case study.

Number of accesses :  

Other information