Departmental Bulletin Paper 防災と地理教育 : 伊勢湾台風時の楠町の早期避難に学ぶ
Disaster Risk Reduction and Geography Education : Learning from Kusu Town Early Evacuation from the 1959 Isewan Typhoon

岩田, 貢

36 ( 2 )  , pp.155 - 170 , 2015-03-16 , 龍谷大学龍谷紀要編集会
ISSN:02890917
NCID:AN00338616
Description
これまで社会科や地理歴史科の地理において防災に関する教材を扱う場合は、自然災害が起こるしくみや被害の悲惨な状況に着目することが多かった。そこで今回は、ともすれば省みられてこなかった災害からの避難の成功例に着目し、避難前後の状況を災害教訓として活かせる知識に整理して、教材化することを試みた。整理に当たっては、畑村洋太郎が唱える「失敗学」の考え方を転用し、①事象、②経過、③推定原因、④対処、⑤総括、⑥知識化の6点からまとめてみた。研究事例としては、三重県四日市市楠地区(旧楠町)が1959年の伊勢湾台風時に行った早期避難行動に注目した。そして避難行動を必要とした背景や、当時の町当局や住民の被災前・被災時の対応について6点からまとめ、地理で扱う防災教育の新たな教材化について論じた。
Full-Text

http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/5880/1/r-ky_036_02_012.pdf

Number of accesses :  

Other information