Departmental Bulletin Paper 植物名称表記の方法について
Improving Plantmarker Description

磯江, 源

36 ( 2 )  , pp.1 - 6 , 2015-03-16 , 龍谷大学龍谷紀要編集会
ISSN:02890917
NCID:AN00338616
Description
公園や博物館に見られる花や木につけられた札には和名と共に学名やその植物の説明も記載されていることが多い。しかし、現在の多くの表記の方法は、その目的がはっきりせず、学名表記もこれを理解する専門家のみを対象にしている点で、不十分と言わざるを得ない。その原因の一つは、そのデザインが表記用の札を作成する業者にまかされていて、学名の意味を説明することにあまり配慮がされず、学名が表記札の装飾的なものとして扱われていることにあるのではないだろうか。しかし学名は適切な説明さえ併記すれば、これを読む人にその植物の分類学的な知識を与えるばかりか、日本語の中で使用されている外来語との関連や、その語源的な意味についての興味も喚起する役割が期待できる。本稿では、実地調査によって収集した花と木の札の例をあげて、具体的な改善方法を提案する。
Full-Text

http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/5877/1/r-ky_036_02_002.pdf

Number of accesses :  

Other information