Departmental Bulletin Paper 自治基本条例と「市民」の定義 : 市民と自治体と自治のかたちをめぐって
The Definition of Citizen in the Basic Ordinance of Local Governments : A study of the local autonomy of citizens and local governments

土山, 希美枝

4 ( 2 )  , pp.65 - 78 , 2015-03-17 , 龍谷大学政策学会
全国の自治体で策定が進む自治基本条例だが、その策定にあたって論点となるものに「市民の定義」がある。策定された条例からは、包括的に市民を定義する(A-1, A-1s)、限定的に列挙して市民を定義する(A-2)、定義しない(B)というパターンをみることができる。公共政策における市民の多面性は条例における市民の定義を難しくしており、定義しないことも可能である。また、この市民の多面性は、市民自治の領域での活動のひろがりに根ざしているが、自治基本条例で市民自治のありかたを制御することはできない。自治体(長+行政、議会)の運営の制御がまず自治基本条例の課題である。 The definition of citizen in the basic ordinance of local government is important issue in the making processes of the ordinance. There are 4 definition patterns; the all-embracing definitions(A-1, A-1s), limited enumeration(A-2), and no definition(B). The multidimensional characters of citizen as actor in public policy makes it difficult and it's better choice of no definition. The multidimensionality based on development of citizen activities as policy actor for citizen autonomy, but it cannot be controlled by ordinance. The basic ordinance of local government should target mainly on the control of local government(mayor and administration, and council).

Number of accesses :  

Other information