紀要論文 「総合的な学習の時間」におけるESD(持続可能な開発のための教育)の視点と展開

宮川, 秀俊||ミヤガワ, ヒデトシ||Miyagawa, Hidetoshi  ,  磯部, 征尊||イソベ, マサタカ||Isobe, Masataka  ,  中島, 康博||ナカシマ, ヤスヒロ||Nakashima, Yasuhiro

10pp.39 - 46 , 2018-03 , 中部大学現代教育学部
ISSN:18833802
内容記述
「総合的な学習の時間」は、中央教育審議会が初めて平成8年度に提唱後、この後の教育課程で本格的に実施されてきたが、その目的・目標が十分に理解されないこともあり、教育内容や教育方法において、さらに評価でも様々な課題を有していると思われる。この「総合的な学習の時間」は設置後約20年になると共に、これからの新教育課程において、新たな課題としてESDとの係わりにも注目されている。本報告では、今後のよりよい「総合的な学習の時間」の実践に向け、(1)学習指導要領におけるESDの位置付け、(2)ESDの拠点として位置付けられている、ユネスコスクールにおけるESD活動の現状、(3)ユネスコスクールにおけるESDの実践事例、について検討することを目的とした。
“The Period for Integrated Study< has been practiced in the educational curriculum since it was proposed by Central Council for Education for the first time in 1996. However, because its objectives and aims are not well understood, there seems to be various problems in the educational contents and methods, and furthermore, in evaluations. Thus, with approximately 20 years since its establishment, its relationship with ESD attracts attention, as a new issue, in the new educational curriculum. This paper aims to study following topics; 1) How ESD is regarded in the course of study 2) The current situation of ESD activities at UNESCO Schools, which are regarded as ESD bases 3) Practical cases of ESD at UNESCO Schools
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000116&elmid=Body&lfname=link/P01_010_039.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報