Departmental Bulletin Paper 現代教育学部と教師教育 - 道徳教育とモデルとしての教師〈新しい能力〉の分析より -

三品, 陽平||ミシナ, ヨウヘイ||Mishina, Yohei

10pp.31 - 38 , 2018-03 , 中部大学現代教育学部
ISSN:18833802
Description
本研究の目的は、近年注目されている〈新しい能力〉やその指導方法について分析しつつ、道徳教育においてモデルの役割を教師が引き受けることの困難の構造を指摘することである。まず、〈新しい能力〉の特徴を整理する。そして、道徳教育で目標とされている「道徳性」も〈新しい能力〉の特徴を有していることを明らかにする。次に、〈新しい能力〉の育成に向けた「教科する授業」に言及しつつ、その理論的背景として徒弟制度的のあることを指摘する。徒弟制度においては学習者の目標とモデルとが必然的に一致している。それに対して、学校教育においてそれらを一致させなければならない。ここに道徳教育のモデルを買って出る教師の困難がある。こうした困難をベイトソンの「メタローグ」概念に基づいて構造的に捉えていく。
The purpose of this paper is to indicate the structure of difficulties that teachers face in having charge of a moral model. At first, I arrange the characters of “new concepts of abilities.< Then, I point out that “moralities< as the goal of moral education have the same characters. Next, I explain the “do a subject< lesson aiming to nurture “new concepts of abilities.< The lesson's concepts derive from apprenticeships. In apprenticeships, the goals of learners are naturally in consistency with the models. On the other hand, in school education, teachers have to strive after the consistence. Difficulties of teachers who are in charge of the moral model come from here. I make clear the structure of the difficulties by referring the Bateson's concept of “Metalogue.<
Full-Text

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000115&elmid=Body&lfname=link/P01_010_031.pdf

Number of accesses :  

Other information