紀要論文 英語ブレンディッドラーニングの実践と英語学習への意欲向上 - 理系学科における取り組みを一例に -

小栗, 成子||オグリ, セイコ||Oguri, Seiko  ,  高丸, 尚教||タカマル, ヒサノリ||Takamaru, Hisanori  ,  Allen, David P.||アレン P. デイビッド  ,  加藤, 鉄生||カトウ, テツオ||Kato, Tetsuo

17pp.127 - 137 , 2017-12-20 , 中部大学大学教育研究センター
ISSN:13497316
内容記述
早くは小学校時代から英語授業に対する絶望感を感じ続けてきた者が学年の大半を占めている理系学科の学生を対象に、週1回の授業を通して動機付けをし直し、英語でコミュニケーションする姿勢を培ったり、専門領域での英語運用へと導いたりすることは教師にとっても大きな挑戦である。週に90分しかない授業時間をベースとし「いつでも、どこからでも」学習ができる語学環境とICTとをブレンドすることで、最小限の授業時間を最大限の学習のきっかけとし、学生の英語習得への意欲を向上させる教育実践は可能であろうか。本稿では、1つの理系学科での取り組みを例として、教材の選択、教材の最適化、アクティビティプランニング等における教師の役割に焦点を当てながら、英語学習者の学習意欲向上を実現しようとする授業実践について報告する。
Utilizing a blend of traditional, e-learning, and supplementary materials in a technology enhanced language learning (TELL) environment, the Center for Languages and Cultures at Chubu University is now in the fourth year of its blended learning curriculum. The authors have been seeking ways to adapt course materials, both online and face-to-face, in order to adequately match students' language aptitude and scaffold intake and output. With a focus on the selection of learning materials, the adaptation of materials, designing engaging activities, and the roles of teachers, this paper will discuss how learner motivation can be enhanced despite the limitations of only having 90 minutes of face-to-face class time per week.
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000093&elmid=Body&lfname=link/C01_017_127.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報