Departmental Bulletin Paper 「ゲームデザイン」を活用した大学教育の可能性

尾鼻, 崇||オバナ, タカシ||Obana, Takashi

17pp.119 - 126 , 2017-12-20 , 中部大学大学教育研究センター
ISSN:13497316
Description
人文科学を専攻する学生の多くは、教育カリキュラムの中にプログラミングや数学ないしアプリケーションの使用方法に関する科目が含まれておらず、情報スキルの専門的知識を保持していない可能性が高い。本論では、そのような状況において、専門的知識を用いないゲーム制作環境を構築し、ゲームデザイン教育を教育機関において推し進める意義を実践的に検討した。その結果、学生の協働力や企画力、実行力、そしてメディア・リテラシーを育み、情報スキルへの関心にも好影響をもたらすことが指摘できた。
This study aims at a practical use of Digital game education in area studies. As Fujimoto(2015) notes, Recent trend of game-based learning extends its meaning as applying game elements in coursework and entire school curriculum. This paper gives a brief introduction of Digital game education, and proposes used of <Game Engine< on the basis of its properties that can solve traditionally argued problems in Game production. Based on this, we explore the applications we see for game-based learning in our contexts in Japanese higher education.
Full-Text

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000092&elmid=Body&lfname=link/C01_017_119.pdf

Number of accesses :  

Other information