紀要論文 キューモ(Cumoc)による教育効果に関する実践報告 - 8年間の改善プロセスを中心に -

寺澤, 朝子||テラザワ, アサコ||Terazawa, Asako

17pp.113 - 118 , 2017-12-20 , 中部大学大学教育研究センター
ISSN:13497316
内容記述
中部大学のクリッカーシステムであるCumocを活用した授業に関する実践報告である。先行研究から、クリッカーによる教育効果を明らかにしたのち、8年間におよぶCumocの実践を授業での活用方法とともに紹介する。基本的に選択肢の設問については、ロールプレイや復習、理解度の確認のために、自由記述欄については、学生らの意見や質問を吸い上げるために活用してきた。しかし、試行錯誤の中で、Cumocの使用頻度を授業内容に合わせて変化させてきたこと、学生のアイデアや意見を評価に加味するために自由記述欄の活用方法を変化させる必要があったことなどを述べる。また、2017年度から始めた授業外学習時間を増やすための予習にCumocを活用することで生じた学生の変化についても紹介する。
This is a practice report on lectures using Cumoc, Chubu University Mobile Clicker System. After clarifying the teaching effects of the clicker from the previous researches, this report introduces how Cumoc has been used in the large classes for 8 years. Mainly multi-choice questions were used for roleplay, review and grasping the students' level of comprehension, while free-entry fields were used to intake students' opinions and questions. Obviously the methodology and frequency of Cumoc's usage should be changed according to the class content, though Cumoc is an effective tool for class improvement. This report also describes that a trial using Cumoc to the preview of the lecture in 2017 increases the time available of self-study of the students.
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000091&elmid=Body&lfname=link/C01_017_113.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報