Departmental Bulletin Paper キャリア教育科目「自己開拓」の教育効果 - 2016年度の授業について -

佐藤, 友美||サトウ, トモミ||Sato, Tomomi  ,  杉本, 英晴||スギモト, ヒデハル||Sugimoto, Hideharu  ,  寺澤, 朝子||テラザワ, アサコ||Terazawa, Asako

17pp.99 - 111 , 2017-12-20 , 中部大学大学教育研究センター
ISSN:13497316
Description
本研究では、キャリア教育「自己開拓」の教育効果を検討した。「自己開拓」を受講した学生としていない学生とを比較した結果、自尊感情やコミュニケーション・スキルといった、大学生活を充実させる汎用的能力は「自己開拓」を受講したことにより影響を受けるが、進路選択に対する自己効力やキャリア・アダプタビリティといったキャリア意識は、受講生と非受講生ともに半期で向上することが明らかになった。また、汎用的能力、およびキャリア意識の向上は、1回16週で開講される長期分散型授業よりも2回連続8週で開講される短期集中型授業において、より強くなることが見られた。また、受講したことで何を学んだのかといった、授業への意味づけが明確である学生は、より汎用的能力、およびキャリア意識の向上が見られた。これらの結果から、「自己開拓」の教育効果をさらに高めるための提言を行った。
This study examined the effects of “Self motivational development< in career education. Comparison between students who attended the class and who did not, revealed that the class had a beneficial effect on general skill for productive college life, such as self-esteem and communication skills. However, the students who did not attend the class increased career consciousness such as self-efficacy on career decision and career adaptability, as much as the students who attended the class. This study also found out that more improvement of the general skills and the career consciousness was seen in short-term intensive class than in long term distributed class. In addition, the students who could specify what they have learned from the course showed good improvement of the general skills and the career consciousness. From these results, this study made several suggestions on how to provide more effective career education in “ Self motivational development.<
Full-Text

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000090&elmid=Body&lfname=link/C01_017_099.pdf

Number of accesses :  

Other information