Departmental Bulletin Paper 専任教員によるキャリア教育科目「自己開拓」実施の長期的教育効果 - キャリア教育を専門とする教員と専門としない教員の比較から -

杉本, 英晴||スギモト, ヒデハル||Sugimoto, Hideharu  ,  佐藤, 友美||サトウ, トモミ||Sato, Tomomi  ,  寺澤, 朝子||テラザワ, アサコ||Terazawa, Asako

17pp.91 - 98 , 2017-12-20 , 中部大学大学教育研究センター
ISSN:13497316
Description
本研究では,キャリア教育を専門としない専任教員によるキャリア教育科目「自己開拓」の長期的教育効果の検討を行った。「自己開拓」を受講していない学生と比較すると、キャリア教育を専門とする教員による授業を受講した学生と同様、キャリア教育を専門としない教員による授業を受講した学生は、キャリア支援課が3年次に実施した就職ガイダンスへの参加率が高く、進路選択行動を積極的に行っていることが明らかとなった。しかし、卒業時点の進路決定状況については、キャリア教育を専門としない教員による授業を受講した学生は、キャリア教育を専門とする教員による授業を受講した学生と同水準では進路を決定できていなかった。この結果は、「自己開拓」の授業内容の専門性の高さやアクティブ・ラーニング型の授業形式の困難さによって、学生のキャリア形成を十分に促すことができなかったためと考えられる。今後、全学共通教育科目であるキャリア教育科目「自己開拓」の担当は、主にキャリア教育を専門としない教員へと移行していくため、専門家を配置したり研修を行ったりすることの重要性が指摘された。
This study investigated the long-term effects of “Self motivational development< in career education by career education non-expert career teachers. The result revealed that students who attended “Self motivational development< class participated career guidance for 3rd graders by career support division more than who did not attend the class. In addition, the students who attended the class took career selection behavior more actively than who did not attend the class. Moreover, the students in the non-expert teachers' class showed high in participation rates of the career guidance and the active career selection behavior as the students in the expert teachers' class. However, the rate of career decision at the time of graduation was low in the students in non-expert teachers' class as in the students in expert teachers' class. This result might be affected by the highly professional contents of “Self motivational development< and the difficulty of teaching method in active learning. These results suggest that teachers should be trained well before facilitating in “Self motivational development< class.
Full-Text

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC17000089&elmid=Body&lfname=link/C01_017_091.pdf

Number of accesses :  

Other information