Departmental Bulletin Paper 近代西洋絵画における遠近法と視点の合成

長尾, 寛子||ナガオ, ヒロコ||Nagao, Hiroko

11pp.1 - 12 , 2017-09 , 中部大学現代教育学研究所
ISSN:18827098
Description
本稿は西洋近代絵画の展開が視点の合成から遠近法による統一空間の形成への転換ではなく、線遠近法を中心とするさまざまな空間表現の総合だったことを示し、それによって西洋近代絵画が近代科学の視覚的表現とはいえないことを論じて、西洋近代絵画の空間表現の在り方を再考することを目的とする。そのため第2章で、遠近法研究の古典であるE. パノフスキーの論文を再検討し、それに対して第3章で、代表的な作品を取り上げて分析する。その結果、ルネサンス以後の西洋絵画において、線遠近法が中心的な空間表現の1つとなったにもかかわらず、原理的には線遠近法と両立しない視点の合成による空間表現も、必要に応じて使用され続けてきたことを明らかにする。その点で「遠近法」の展開は、思想的、文化的背景というより、制作者の立場からみた空間表現としての有用性に基づいているのである。
The aim of this paper is to show that the development of the space-expression in modern western paintings was not the change from the synthesis of perspective to the creation of integrated homogeneous scientific space by the establishment of modern geometrical perspective, but the synthesis of various space-expressions under modern perspective. In chapter 2, this paper will examine “Die Perspektive als symbolishe Form<, the classical study of perspective in the history of modern western paintings written by Erwin Panofsky. In chapter 3, several examples from modern western paintings will be studied and the co-existence of the synthesis of perspective and modern geometrical perspective will be demonstrated. Modern geometrical perspective is not entirely the symbolic form of modern world view. The development of space-expression is made mainly by the aesthetic and practical interest of painters. They often represented heterogeneous space in their paintings.

Number of accesses :  

Other information