紀要論文 保育者・教員養成にむけたリーダー研修の成果と課題 - 学生ボランティアにおける協働を促す支援方法の検討 -

三品, 陽平||ミシナ, ヨウヘイ||Mishina, Yohei  ,  釆睪, 真澄||ワケビキ, マスミ||Wakebiki, Masumi  ,  花井, 忠征||ハナイ, タダユキ||Hanai, Tadayuki

9pp.1 - 11 , 2015-10 , 中部大学現代教育学研究所
ISSN:18827098
内容記述
保育者・教員養成機関において実施されている学生ボランティアは、協働を学ぶ上で重要な場となっている。その協働を促す支援方法として、本研究はリーダー研修を検討し、実践した。そして、その実践から明らかとなった成果と課題について分析を行なった。研究対象は中部大学の「あつまれわんぱく隊」に所属するリーダー10名である。2泊3日の宿泊研修を行った。研修は実践と省察の往還によって構造化された省察的実習にもとづいて構成された。研修の成果として、リーダーたちの行動変化を挙げることができる。たとえば、協働を促すような環境づくりを彼らは行なうようになった。また、少数者の意見に耳を傾けるような司会進行を心がけるようになった。他方、課題も見出された。まず、宿泊研修だけでは不十分であり、研修後もリーダーたちの支援をつづける必要がある。また、研修においてメタローグを実現する必要性も見出された。
Students' volunteers in childcare training schools and teacher training schools are very important place for learning collaboration. To support this place, this research examines and exercises the method of the training program for students' leaders. Through the exercise, achievements and issues of the program are clarified. The subject of the research are <Atsumare-Wanpaku-Tai< that consists of Chubu University Students. The program is the study trip for 3 days, and is constructed by reflective practicum. Reflective practicum is structured by the cycle of practice and reflection. As the result of the program, students' leaders changed their behaviors in their groups. For example, some leaders prepared for the environment of collaborative dialogue. Some leaders tried to listen voices of minorities. On the other hand, some issues are found. First, this program is not enough to support leaders. Support for leaders has to be continued after the program. Second, the communication in the program has to be metalogue but it is very difficult for coaches.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報