紀要論文 フルクトオリゴ糖摂取後の呼気水素、アセトン、イソプレンの変動

近藤, 孝晴||コンドウ, タカハル||Kondo, Takaharu  ,  奥村, 直也||オクムラ, ナオヤ||Okumura, Naoya  ,  堀田, 典生||ホッタ, ノリオ||Hotta, Norio  ,  北辻, 耕司||キタツジ, コウジ||Kitatsuji, Koji  ,  申, ウソク||シン, ウソク||Shin, Woosuch  ,  佐藤, 一雄||サトウ, カズオ||Sato, Kazuo

12pp.49 - 53 , 2016-03 , 中部大学生命健康科学研究所
ISSN:18803040
内容記述
フルクトオリゴ糖10gを摂取後の、呼気水素(H2)、メタン(CH4)、一酸化炭素(CO)、アセトン、イソプレンの変動を、男子大学生18人を対象に検討した。フルクトオリゴ糖摂取後、呼気H2は有意に増加した(p < 0.05)。CH4およびCOは変化がなかった。アセトンは前値936.5±225.3ppbから300分後には1306.5±327.2ppbと有意に増加した(p<0.05)。その後も増加し、480分後には2559.8±539.2ppbとなった。アセトンの増加は呼気H2の増加がほとんど見られない3名についても増加した。呼気イソプレンは前値193.8±21.5ppbであり、フルクトオリゴ糖摂取後30分後には294.1±30.4ppbと有意に増加した(p<0.01)。その後も高値を示したが、390分後には前値と差がなくなった。フルクトオリゴ糖摂取後の呼気アセトンの増加は空腹のためと推測された。呼気イソプレンの増加機序は明らかではなく、今後の検討が必要である。
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC16000014&elmid=Body&lfname=link/L01_012_049.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報