紀要論文 高機能シミュレータを用いた術後観察の演習における看護学生の体験 - KH Coderによる計量的な分析より -

松田, 麗子||マツダ, レイコ||Matsuda, Reiko  ,  江尻, 晴美||エジリ, ハルミ||Ejiri, Harumi  ,  中山, 奈津紀||ナカヤマ, ナツキ||Nakayama, Natsuki  ,  梅田, 奈歩||ウメダ, ナオ||Umeda, Nao  ,  牧野, 典子||マキノ, ツネコ||Makino, Tsuneko

12pp.42 - 48 , 2016-03 , 中部大学生命健康科学研究所
ISSN:18803040
内容記述
本研究の目的は、術後患者の観察場面を設定したシミュレーション演習における学生の体験を構造化して特徴を明らかにし、教育への示唆を得ることである。対象は、看護系大学3・4年次生で、術後患者の観察が未経験の学生24名である。演習の課題は、術後患者の呼吸を観察して、その内容を教員に報告することである。演習終了後、1人20分程度の半構造的面接を1回行った。面接内容は対象者の承諾を得てICレコーダに録音し、逐語録を作成してテキストデータとした。テキストデータはテキストマイニングソフト「KH Coder」を使用し分析を行った。総抽出語数と文章数はそれぞれ288,65語、2,610文であった。頻出語分析、共起ネットワーク分析、階層的クラスター分析の結果「経験から体得する」「観察不足に自ら気づく」「念のために全部観察する」「他者の評価を気にして緊張する」「急性期看護学実習に備える」の5クラスターにまとめられた。内容を検討した結果、この演習は実際に体を使うことで身に付くという経験から体得する演習であったこと、急性期看護学臨地実習に備え必要な演習であったと価値を見出していた。今後の課題として、(1)学生自身が自らを振り返り、課題を見出すためのディスカッションができるデブリーフィングの充実、(2)学生が見出した課題を試す場を設定する必要性、(3)トレーニングを目的としたシミュレーションの演習では、学生が緊張しないための場の雰囲気作りをする必要性などが示唆された。
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC16000013&elmid=Body&lfname=link/L01_012_042.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報