Departmental Bulletin Paper ニュージーランドの幼稚園の保育環境と遊び - W幼稚園の事例調査から -

松川, 由紀子||マツカワ, ユキコ||Matsukawa, Yukiko  ,  千田, 隆弘||センダ, タカヒロ||Senda, Takahiro

8pp.1 - 7 , 2016-03 , 中部大学現代教育学部
ISSN:18833802
Description
幼稚園で自発的な遊びが展開されていく保育環境とはどのようなものが望ましいかについて考えるために、2014年に、ニュージーランドのW 幼稚園を事例として調査した。その結果、(1)十分な遊び時間、(2)選択可能な多様な遊び空間、(3)関心を共にする遊び仲間、(4)遊びを通して学びへと導く保育者、(5)遊びの大切さを理解する保護者の存在、という5つの要素が遊びのための保育環境に考慮されていることが重要であると、この事例調査から見い出された。
In 2014, the writers did a case study at W Kindergarten in New Zealand to consider about the desirable educational environment for the spontaneous play. Through this case study we found the following 5 points were important for the educational environment: 1. extensive period of time for play 2. plenty of play areas for the various activities, free access to choose for children 3. playmates who share the interest 4. good teachers who guide the children's learning through play 5. understanding parents who support the importance of play

Number of accesses :  

Other information