紀要論文 名古屋市の銭湯建築の類型学的研究

小栗, 涼||オグリ, リョウ||Oguri, Ryo  ,  早川, 紀朱||ハヤカワ, ノリアキ||Hayakawa, Noriaki

51pp.32 - 37 , 2016-03 , 中部大学工学部
ISSN:21877408
内容記述
This study aims to clarify typology of planning and amenities of so called “sento< (Japanese public bath facilities) buildings in Nagoya City. Though the number of sento-buildings is decreasing in Japan, sento remains an important facility for attractive life in Japanese cities in the context of urban regeneration. Through the field survey on the sento-buildings, we found the following. 1) Traditional “bandai style< sento-buildings with a single front desk and segregated approaches by gender are decreasing, while those with a single front lobby and a single approach used by both men and women are increasing. 2) Sento-buildings are losing their symmetry of planning and approach, which are inherent in “bandai style< sento-buildings, while improving amenities with an emphasis on entertainment
本研究では名古屋市の31軒の普通公衆浴場を対象として、平面的な実測調査、およびしつらえの調査を行った結果を類型的に分類した。名古屋市の普通公衆浴場の実態を示す資料とし、地域的な銭湯のあり方を考察する。調査の結果、名古屋市の銭湯は内風呂の普及や後継者不足、建物の老朽化など様々な問題を抱え減少傾向にあった。また人々のニーズの変化により改築改修を行う銭湯が多く、番台式は数を減らしフロント式の割合が高まり浴室施設数は増加していく傾向にあった。浴室内の浴槽配置に着目すると、浴室空間での回遊性を重視する関西式の浴槽配置方式が名古屋市においては優勢である。しかし、改築改修により関西式や関東式にあてはまならい新たな形態の銭湯も誕生していた。
本文を読む

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC15000147&elmid=Body&lfname=link/E01_051_032.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報