Departmental Bulletin Paper 省エネルギーかつ快適性と知的生産性を保持可能にする空調方法に関する研究 - 空調オフ時の検討 -

横江, 彩||ヨコエ, アヤ||Yokoe, Aya

51pp.19 - 25 , 2016-03 , 中部大学工学部
ISSN:21877408
Description
Experiments were carried out where subjects, after performing light exercise, stayed in rooms under two separate conditions with different air temperatures. Results showed subjects didn't report thermal discomfort in the 28℃ setting and maintained a comfortable mean skin temperature above 34℃. The time subjects maintained thermal comfort after turning off the air-conditioning system was investigated, and results demonstrated that after ten minutes mean skin temperatures rise and thermal discomfort is experienced. In consideration of reducing energy consumption, turning off the air-conditioning system ten minutes before the end of class is recommended. It was found that doing so saves 30% on energy compared to continuous operation.
屋外から空調された教室にて授業を受け、どの程度の時間であれば空調をオフしても生理・心理的に問題がなく、またどの程度の省エネルギーとなるのかを探るために、被験者実験を行った。実験では屋外方向を模擬した軽い運動のあと、設定温度の異なる2つの条件の室内に滞在させた。その結果、28℃の設定であっても快適感は損なわず、平均皮膚温は低下せず快適である温度を保っていた。よって、室温を28℃に設定しても問題はなかった。空調をオフにしてから生理・心理的に問題のない時間を探った。その結果、オフ後10分経過すると平均皮膚温は上昇し不快と申告した。10分までは空調を停止しても問題はないと考え、授業終了前10分前から空調を停止するという条件での省エネルギー性を検討した。その結果、連続運転に比べて3割の省エネルギーが達成可能であった。
Full-Text

http://opac.bliss.chubu.ac.jp/e-Lib/bdyview.do?bodyid=XC15000145&elmid=Body&lfname=link/E01_051_019.pdf

Number of accesses :  

Other information