紀要論文 卒業研究の教育的改善策とその効果
Educational Improvements for Graduation Theses

小林, 郁典  ,  森本, 滋郎

14pp.69 - 76 , 2017-03-31 , 徳島大学
ISSN:18811256
NII書誌ID(NCID):AA1199130X
内容記述
徳島文理大学理工学部で開講されている必須専門科目のひとつである卒業研究は,複数の教員が担当し,同時並行的に実施される特別な科目である。この運用や評価方法については,これまで指導教員に任されていたが,この科目の学修内容,学修方法,評価方法の透明性を増すために,われわれは学務委員会主導で6 つのことを取り決めて,2012 年度から順次実施してきた。これらの取組みとは,研究計画書の義務化,発表会でのルーブリックの利用,多面的評価などである。本報告では,これらの詳細と影響を示すと共に,これらが学修効果を高めたことを報告する。
In order to improve the transparency of the learning content, methods and evaluations, we have made six recommendations for the graduation thesis at the Faculty of Science and Engineering, Tokushima Bunri University. These recommendations are to make a detailed research plan document by the students compulsory, to use rublics for evaluating presentations at the workshop, and to introduce multi-evaluation. We demonstrate the details and outcomes of these recommendations, and also now they contributed to the improvement of learning outcomes for the students.
本文を読む

http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/files/public/11/110951/201711301624597777/juer_14_69.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報