紀要論文 組織的知識創造理論からみた大学教育でのプロジェクト学習研究
A Study on Project-Based Learning from the Viewpoint of Organizational Knowledge Creation Theory

楠奥, 繁則  ,  加野, 佑弥  ,  藤田, 太裕  ,  伊藤, 鞠  ,  古市, 真菜  ,  坪田, 和樹  ,  平野, 寿将  ,  田路, 栄博  ,  森田, 康介

14pp.50 - 61 , 2017-03-31 , 徳島大学
ISSN:18811256
NII書誌ID(NCID):AA1199130X
内容記述
アクティブラーニングの1 つとしてPBL(problem/project-based learning)がある。PBL には問題解決学習(problem based learning)とプロジェクト学習(project based learning)の2 つがある。これまでPBL を対象とする研究は着実に蓄積されてきたが,PBL の理論的枠組みは未だ脆弱であることが指摘されている。そこで,本研究ではこの問題を克服するために,大学教育でのプロジェクト学習について,組織的知識創造理論から考察する。本研究の第1 の目的は,組織的知識創造理論がプロジェクト学習においても適用できることを確認することである。第2 の目的は,プロジェクト学習における教員の役割について,組織的知識創造理論から示唆を得ることである。本研究では,以下の3 ステップを踏む。まず,本研究の鍵概念である組織的知識創造理論を紹介する。次に,3 つのプロジェクト学習の事例を紹介し,組織的知識創造理論から分析する。最後に,組織的知識創造理論がプロジェクト学習においても適用できることについて,また,示唆されたプロジェクト学習における教員の役割について議論する。
One form of active learning is PBL. There are two types of PBL: “problem-based learning” and “project-based learning.” Although a large number of studies have been on PBL, few studies have been conducted using surveys based on academic theories. Therefore, this paper discusses “project-based learning” from the viewpoint of organizational knowledge creation theory. The primary objective of this study is to apply organizational knowledge creation theory in the field of “project-based learning.” The secondary objective is to recommend teachers’ roles in “project-based learning” from the standpoint of organizational knowledge creation theory. The analysis includes three steps: first, a review of organizational knowledge creation theory; second, an examination of three case studies; and finally, a discussion on applying the theory to “project-based learning”, and suggesting teachers’ roles from this viewpoint.
本文を読む

http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/files/public/11/110948/20171130160622932390/juer_14_50.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報