Departmental Bulletin Paper Jリーグチームをフィールドとした体験学習プログラムのジェネリックスキル評価
The Value of Generic Skills of an Experiential Learning Program in the Field of a J League Team

行實, 鉄平  ,  佐藤, 充宏

14pp.21 - 28 , 2017-03-31 , 徳島大学
ISSN:18811256
NCID:AA1199130X
Description
本研究では, J リーグチーム(徳島ヴォルティス)をフィールドとした体験学習プログラム(試合運営サポート活動)を開発・実践し,同プログラムを「ジェネリックスキル」の観点から評価することで,大学におけるスポーツを通した体験学習プログラムの成果と課題を抽出することを目的とした。また,本研究では,この体験学習プロジェクトを通して醸成されるジェネリックスキルを「表現力」,「企画力」,「協働力」,「実践力」,「スポーツ社会機能の理解力」の5 要素として措定し,この要素の信頼性・妥当性を検証するとともに,対象学生の各種特性との比較分析を施した。その結果,全体的に学生のジェネリックスキルは,体験学習プログラムを通して向上する傾向が見られた。また,性別,学年,ボランティア経験,学習グループによる差異を明らかにすることができた。
This study aimed to evaluate an experiential learning program in the field of a J League Team (Tokushima Vortis) from the perspective of generic skills. The study established five such elements of generic skills that improved through an experiential learning program: expressive power, planning capability, cooperative power, practice power, and the social/functional knowledge of the sport, and the reliability of these five generic skill elements was analyzed. Furthermore, this study offers an analysis of the dynamics between the elements of the generic skills and the characteristics of the students. The results indicate that there was an improvement in the generic skills of the students through this experiential learning program. In addition, this study revealed that the improvement of the generic skill elements differed according to the gender, grade, volunteer experience, and learning group of the participants.
Full-Text

http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/files/public/11/110943/2017113014175584308/juer_14_21.pdf

Number of accesses :  

Other information