学術雑誌論文 挿管中のICU入室患者の気管/鼻腔における肺炎原因菌の経時的変化および意識レベルとの関連性
Potential Respiratory Pathogens in the Trachea and Nasal Mucosa of Intubated ICU Inpatients : Longitudinal Change and Relationship with Consciousness Level

山下, 亜矢子  ,  吉岡, 昌美  ,  大林, 由美子  ,  三宅, 実

67 ( 2 )  , pp.70 - 76 , 2017-06-09 , 日本口腔衛生学会
ISSN:00232831
NII書誌ID(NCID):AN00081407
内容記述
本研究では,気管内挿管により人工呼吸管理を受けている患者のICU 入室後の鼻腔および気管内細菌の臨床検査データを解析し,その実態を把握するとともに,その経時的変化や意識レベルとの関連性を明らかにすることを目的とした.香川大学医学部附属病院ICU において,院内肺炎や市中肺炎の起炎菌として監視培養の対象としている『要注意菌』8 菌種について,気管内採痰および鼻腔スワブ中の検出状況を経時的に調べた.その結果,挿管初日の検査において32.7%の患者の気管内採痰に要注意菌が検出された.さらに,初日の検査で気管内に要注意菌が検出されなかった患者においても経時的に要注意菌の検出率が上昇することが明らかとなった.気管内で要注意菌が検出されるケースのほとんどで鼻腔内でも要注意菌が検出されることがわかった.また,患者の意識レベルと要注意菌の検出率の関連性を調べたところ,昏睡状態にある患者はそうでない患者に比べて,鼻腔内での要注意菌検出率が有意に高いことが明らかとなった(χ 2 検定;p<0.05).気管内での肺炎原因菌の定着・増殖を阻止するには,口腔,咽頭,鼻腔に生息する細菌数を減らすことが重要と考えられる.これらのことから,意識障害が遷延化し挿管期間が長くなると見込まれる患者に対しては,より一層の徹底した鼻咽腔や口腔の衛生管理が必要であることが示唆された.また,挿管初日にある程度の細菌が気管内で検出されたことからも,挿管前の可能な限りの口腔ケアが肺炎リスクを減らすために重要であると考えられた.
The aim of this study was to elucidate the longitudinal change of potential respiratory pathogens in the trachea and nasal mucosa of intubated intensive care unit (ICU) inpatients with neurological disorders. We focused on eight bacterial species designated “Bacteria requiring special attention” (SA), which are routinely under surveillance in the ICU of Kagawa University Hospital. Clinical data from bacterial testing of specimens from tracheal sputum or nasal mucosa swabs were analyzed. SA were detected in the trachea of 32.7% of patients on the first day of intubation. Furthermore, the detection rate of SA in the trachea increased over several days among patients in whom they were not detected on the first day. Most patients who were SA-positive in the trachea were also positive in the nasal mucosa. The rate of SA in the nasal mucosa of comatose patients was significantly higher than that in patients at other consciousness levels. It was suggested that thorough oral and/or nasal hygiene management is very important for comatose patients to reduce the risk of pneumonia.
本文を読む

http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/files/public/11/110888/20171110113143483765/jdh_67_2_70.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報