Presentation A Proposal toward Open Science from a viewpoint of collaboration with business

西村, 一  ,  角田, 晋也  ,  NISHIMURA, HAJIME  ,  KAKUTA, SHINYA

2017-03-01
Description
スマトラ西岸沖では、降水量増大に対応して10月から12月にかけてバリアレイヤー(等温層内に強い塩分成層ができた結果として鉛直混合を妨げる層)が厚くなることが、過去の統計的な研究から知られている(e.g. Qiu et al. 2012, GRL)。一方で、個別のMJOと対応した観測例はまだ少なく、月平均よりも細かい時間規模におけるバリアレイヤーの発達過程は、十分に理解されていない。本研究では、2015年11月から12月に行われたPre-YMC観測キャンペーン中に捉えられたMJO通過によるバリアレイヤーの発達過程について調べた。
第4回オープンサイエンスデータ推進ワークショップ(2017年2月28日-3月1日, 京都大学理学研究科セミナーハウス)
Full-Text

http://www.jamstec.go.jp/jdb/ronbun/Ks00051407.pdf

Number of accesses :  

Other information