紀要論文 聴覚障害学生に対するエンパワメントプログラムの検討 ―エンパワメント研修会成果報告―
チョウカク ショウガイ ガクセイ ニ タイスル エンパワメント プログラム ノ ケントウ エンパワメント ケンシュウカイ セイカ ホウコク
Development of Empowerment Program for Deaf or Hard of Hearing Students

石野, 麻衣子  ,  白澤, 麻弓  ,  中島, 亜紀子  ,  磯田, 恭子  ,  萩原, 彩子  ,  五十嵐, 依子  ,  小林, 洋子

23 ( 2 )  , pp.81 - 87 , 2016-03 , 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
ISSN:13417142
NII書誌ID(NCID):AA12123772
内容記述
聴覚障害学生にとって,エンパワメントは重要な課題である。しかし我が国では,それを実現するために必要な研修プログラムはこれまで検討されてこなかった。日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では,2011 年にエンパワメントプログラムの検討を行い,これに基づいた研修会を計3 回実施した。その結果,プログラムの柱として(1)信頼関係(2)情報保障リテラシーと支援ニーズ(3)障害と支援ニーズの説明経験(4)ロールモデル(5)将来像の具体化が重要であることが示唆された。また,聴覚障害学生同士で意見交換を行い,指導的役割を担う者(ブラシス),講師に,聴覚障害をもつ社会人の先輩を配置したことが,参加者の視野を広げ,自らの将来像の具体的に寄与したことから,聴覚障害学生へのエンパワメントにおけるピアの役割の重要性が示唆された。
本文を読む

http://www.tsukuba-tech.ac.jp/repo/dspace/bitstream/10460/1465/8/Tec23_2_16.txt

http://www.tsukuba-tech.ac.jp/repo/dspace/bitstream/10460/1465/5/Tec23_2_16.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報